高圧線の近くは危険って〈ほんと?うそ?〉

高圧線ってなに?

家庭など電気の使用場所までを結ぶ架線を配電線と言って、
一般的には「電線」と呼ぶことが多いですが、この配電線を支えているのが いわゆる電柱 です。

配電線は6,600ボルトの電圧があり、電柱に設置された変圧器によって100ボルト~200ボルトに落としたうえで家庭などに送られます。

この家庭などにおくられる配電線(引込線)が低圧線と呼ばれるもので、用語の定義上は送電線と街中に張り巡らされている配電線のどちらも高圧線となるそうです。

高圧線は低周波の電磁波を発していている!?

これが健康被害につながる可能性があるといわれています。

ただ、健康被害については賛否両論あって、健康被害があるという報告がある一方で、健康面にはまったく問題ないと言う人もいたり、人によって個人差があるようです。

高圧線下の影響で地価が安い?

送電線の多くは、その土地に住んでる人たちの上を通ってます。
そのため、「線下補償料」と呼ばれる料金が土地使用料として支払われるようになってます。

その一方で、高圧線下の土地の値段は、周辺の地価と比べると低くなる場合があるそう。

近年、高圧線が発する低周波の電磁波を浴びることによる健康被害が、WHOなどで注目されてます。

スウェーデン等では2~3mGを目安に、それを超える高圧線の鉄塔を住宅や幼稚園などの近辺に建設しないように規制までされているようです。

電波の健康リスク

健康リスクとは、特定の有害性によって被害を受ける見込みや可能性の事をいいます。
そして、有害性とは人の健康に害を与えうるもの、状況の事をいいます。

無線通信に使われている電波の健康への影響(有害性)で、現在はっきりしているものは 熱作用に関連するものだけ です。

熱作用については電波防護指針により守られてるので、癌やその他の健康に対して悪影響を及ぼすとなどの根拠はないそうです。

まとめ

ゆう
ゆう
「高圧線 健康被害」と検索するといろんな情報がでてきます。

スウェーデンなど別の国では日本よりも長く電磁波の健康被害が研究されて建築基準が厳しくなってます。

そういう意味では影響が全くないとは言いきれないのかもしれません。