【賃貸で使える照明の種類とは?】おしゃれな照明でお部屋の雰囲気をガラっと変えよう

本記事では種類や設置の仕方などを紹介していきます♪

まずは照明器具の種類ですが、結構あります

「シーリングライト」「ダウンライト」「ペンダントライト」など他にも置くタイプの照明などもありますが、今回は天井に設置するタイプのみご紹介します。

上記の中でも最も一般住宅の部屋の照明器具として使われてるのが「シーリングライト」になります。

シーリングライトとは

 

ゆう
ゆう
室内の天井に直接取り付けて、部屋全体を均一に明るく照らす照明器具のことを言います。

以前までは蛍光ランプが主に使われていましたが、最近はLEDが主流になってきています。

もしこれから購入するのでしたらLED照明をオススメします!

一般的な蛍光灯や白熱電灯と比較するとLEDは電気代が半分以下になりますので、大体年間で6000円ほど安くなるそうです。

こういったシーリングライトペンダントライトについては、アダプタを引っ掛けて回してつける引掛シーリングが天井に付いていれば、誰でも簡単に設置ができます!

「引掛シーリング」とは?

簡単に言うと天井についているコンセントで、照明器具を接続するプラグであるとともに、器具の重量を支える役割も兼ねています。

ゆう
ゆう
引掛けシーリングの種類によって対応できる重量が変わるようです。※重量オーバーの照明器具を無理に取り付けすると落下の恐れがあるので注意しましょう。

照明器具を取り付ける場合は、お部屋についてる「引掛シーリングのタイプ」を確認!

賃貸物件の場合は大体ついてますが、築年数が古い物件だと、古い引掛けシーリングがついてる場合がたまにあります。

そういった場合はシーリングライトを直接設置することはできませんが、「増改アダプタ」を中間に使えば大丈夫です。

今検討してる照明が設置可能かどうかを、調べててみたけどよくわかんないって人は、検討してる照明を販売してるお店の人に設置可能かどうかを直接聞いて見るのが確実かも!

お洒落なライトに変えるだけお部屋の雰囲気がガラっと変わります!

シーリングライト



シンプルでおしゃれな照明。



ライトが複数あって明るめのお部屋にしたい方にはぴったり。

 

ペンダントライト



おしゃれなカフェ風。ビンテージデザインにこだわったペンダントライト



ダイニングの照明にぴったり



ビンテージ系のお部屋になじむ照明

照明から音楽を流せる!?




Bluetooth対応のシーリングライトを設置すれば、スマホなど対応デバイスに入ってる好きな音楽を照明から流す事ができるようです。

照明から音楽が流れてくるなんて凄いですよね♪

まとめ

おしゃれな照明を設置される際は、ご自身のお部屋にどういったタイプが設置できるかというのを確認しておきましょう!

これから引っ越しでインテリアを選ばれるという場合は、賃貸物件には最初から照明がついていない場合が多いので、お部屋を決めるときにどういった照明のタイプが設置できるか確認しておくとスムーズです♪