【不動産広告】”徒歩分数”は正確なのか調査!

駅から家までの徒歩分数って正確なのか?

不動産広告とかで駅と家まで歩いて1分!近いって思いながら住所を調べてると・・

いや、これ絶対3分かかるじゃん。みたいなことありません?

ゆう
ゆう
「絶対この場所なら○○分以上かかるのに」って思うときが多々あります。

 

基本的には「徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示すること」というふうに不動産の表示に関する公正競争規約施行規則で定められています。
(法律ではありませんが、広告のルールブックみたいなもので、公正取引委員会の認定を受けています)
http://eroom.earthrevo.jp/archives/2833

 

 80mを1分で歩く って人によって歩幅とか違うから変わるんじゃないかなと個人的には思うんですけど、一応そういう風に目安として決まってるようです。

 

駅から家までの距離を直線距離で書いている?

家から駅までの距離を直線で測って書いてる会社さんがいるようです。

本当は直線距離ではなく、前述したように道路に沿って測定した距離(道路距離)をもとに計算しないといけません。

実際に歩いて分数を図ると、全然表記と違うよ~っていうのは上記のような物件にあたってしまった時みたい。

1分くらいの誤差ならまだ許せるけど3分とか変わってくるとちょっと嫌ですよね・・

ゆう
ゆう
3分あればカップラーメン食べれるじゃん!っていらないツッコミを入れたくなるw

実際に歩るかなくても調べる方法がある?

結論か言うと、 googlemapルート検索 を使う!です。

このツールだとだいたい正確な情報がでるので、実際に歩いて調べなくても確認できる!

ルートを検索して表示する

Google マップでは、車、公共交通機関、徒歩、自転車のルートを検索できます。複数のルートがある場合は、目的地までの最適なルートが地図上に青色で表示され、他のルートは灰色で表示されます。
https://support.google.com/maps/answer/144339?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

このような方法で簡単に確認する事ができます。

なので、ぶっちゃけ歩きながら確認するの面倒だなって人はGoogleMAPを使って、歩いて確認するって手間を省いて見てくださいw

ただ、上記のツールはあくまでも目安的な数値なので確実な分数という訳ではないので注意!

あとは、下記の条件に該当する場合は、想定以上に時間がかかってしまうので確認必要です〜〜

信号の数が多ければその分ロス時間は増える

信号が多い=待ち時間が多い=移動時間が増える。

ゆう
ゆう
都心部に行けば行くほど信号が多い!

新宿駅・渋谷駅・東京駅・品川駅の前って商業施設がずらーっと並んでて信号も多いですよね。

そして、車通りが多い道の場合は信号の待ち時間が結構長かったりする!

坂道が多い!

上り降りが激しい道だと、それだけで時間がかかる。

信号の話と今度は逆で、田舎の方に行くと坂が多いですね。

あまりにも急な道だと慎重に歩かないといけなかったりするのでその分、時間はかかりますよね。

ゆう
ゆう
上り道の場合は自転車移動が大変なので自転車使う予定の人は先に現地周辺を歩きながら見ておくと安心!

結論

”徒歩分数”は正確な場合と不正確な場合があるので、あくまでも目安として捉えておきましょう!

あまりにも数字が違うだろう・・・って場合は、

Google MAPで確認するか、現地に直接行って歩いて確認して見る事をお勧めします!

ゆう
ゆう
私は結構、面倒臭がりなタイプなので、ある程度Googlemapで見て問題ないかジャッジしちゃうタイプですw

最後に、女子はヒールで歩いたりする事が多いと思うのでそういうのも考えながら見ましょう♪