引越しシーズン到来!【引越しを安くするめたのコツ3つ】

ゆう
ゆう
春の引っ越しシーズンが今年も大変な状況になりそうですね。

3月~4月の引っ越し代が異様に高い理由

人手不足で、業者が運転手や作業員を確保できず、依頼に対応できないケースが相次いでおり、繁忙期の3月下旬から4月上旬には引っ越し業者の確保ができない「引っ越し難民」がまたでるかもしれません。

利用者から悲鳴が上がる一方、業者側は「分散引っ越し」を呼びかけています。

就職や転勤、転職、入学と新たな生活が始まる春は、その時期にしか引っ越しできないという方が多く、 3月下旬~4月上旬に年間引っ越し件数の3分の1が集中 するそうです。

その為、引っ越し代が高くても支払って業者を確保して引っ越しをするという方が多い為、引っ越し代がこの時期は跳ね上がってしまいます。

[PR]最新型トランクルーム・貸し倉庫

5月以降は3~4割程安くなる?

5月を過ぎてからが、いっきに安くなります。

理由としては、3月~4月の繁忙期が終わったあとなので価格が閑散期の値段になるからです。

もし、3月~4月の高い時期でなくても引っ越しできるという方は1ヶ月ずらすだけでかなりお得に引っ越しすることができます。

どうしても繁忙期に引っ越しをしないといけない人は・・

家の更新がその時期

 更新費用と引っ越し費用のどちらが高いか 天秤にかけてみる

更新費用が下がらないかオーナーさん側に相談してみて、もし安くなるのでしたら更新して、繁忙期終わった後に安く引っ越しをするというのもありかもしれません。

オーナーさんによっては空室がでるよりも、 更新費用を割引してでも住み続けてもらった方が得と考える 方がいるからです。

 仕事の関係で引っ越しが必要

距離が離れてるのでしたら、現在使ってる大きい 家具家電を売り、必要な物は車で運んだり宅配便で送る   新しく家具家電を買い家に配送 してもらう。

少し勿体ない感じもしますが、自分で運べない大きなものは処分して、自分で運べるようなものは自分で運んだ方が、引っ越し業者を手配するよりも安くなるかもしれません。

ご家族の進学などでの引っ越し

転居前の家と転居後の家をダブらせる

例えば、 4月上旬に新しい家に越したいという方は古い家を4月末まで残した状態で、少しずつ必要な荷物だけ自分達で運ぶ 

そして、大きい家具家電だけ最後に業者にお願いして移動する

このときに、賃貸から賃貸に移動する場合家賃が高額な方は二重払いは得策といえない場合があるので、前述で書いた大きな家具家電を買い替えにした方が安くなるかもしれません。

この機会に断捨離をする

使ってないものは思いきって捨てるといのも一つの選択肢かもしれません。

思い出が残ってるものを捨てるというのはなかなか難しいかもしれませんが、 思い出は記憶に残して使ってないものは思い切って捨てる と意外と気持ちもすっきりしたりします。

不要なものは、 リサイクルショップや訪問買い取りなどを利用 するといいと思います。

1年以上使ってないものはこの先使わない可能性が高いので、心を鬼にして思いきって捨ててみましょう。

まとめ

繁忙期はどうしても需要が高い分、閑散期よりも値段は割高になります。

工夫次第ではおトクに引っ越しできたりもするので、諦めずに安くなる方法を考えておトクに引っ越ししてみてはいかがでしょうか??