【毎月の支出を見える化】無駄減らしてお金を無理なく貯めよう!すぐ実践できるものまとめ

日々の生活で時間がなく、あまりお金の計算をしてない方結構多いのではないでしょうか。

お金が無くなったら稼げばいい。

という考え方もありですが、現実的に普通の会社員の方だと、なかなかそんなすぐに給料上がったりはされないかと思います。

お金を貯めるためには、シンプルに収入を増やして支出を減らせばいいのですが、今回は 支出を減らす部分に着目してお金の使い方の見直し 策をご紹介していきます。

自分の支出は毎月いくらなのかを見える化する

だいたい、お金が貯まらない人は毎月自分が「どこで」「何に」「いくら」使ってるのかを把握できていない方が多いです。

なので、使途不明金が多かったり知らぬまに財布からお金が消えていくという現象が起きてたりします。

例)一人ぐらし20~30代の支出

家賃 70,000円
ガス・電気・水道 10,000円
携帯・ネット 10,000円
食費・日用品 60,000円
趣味 10,000円
交通費 5,000円
交際費 20,000円
合計 185,000円

という感じが平均数値ではないでしょうか。

 収入が毎月20万円の方でも、1.5万円残る計算 になりますが、残らないという方はどこがオーバーしてるという事になります。

大体、手元に残らず給料日前はカツカツで何に使ってるのかわからないという方は ”使途不明金” が多い方です。

そういう方は家計簿アプリなどを使い自分の支出を把握する事から始めましょう。

すぐ実践できるとこから始めて減らす!

ガス料金・電気料金を安くする

昔と違ってガス・電気に関しては、すでに自由化されており 好きな事業者を自分で選んで契約できる時代 です。

以前までは、指定の○ガス・○○電気を契約しないと使えない時代でしたので、月々の料金を安くするためには利用を控える事しかできませんでしたが、今は違います!

まずは、

  1. 自分が「どこの事業で契約してるのか」「どれくらい使ってるのか」「いくら支払ってるのか」を把握しましょう。
  2. 電気・ガス料金が安くなるか、事業者ごとで金額が違うので比較しましょう。
  3.  事業者を変えるだけで安くなる のでしたら、サービスは変わりませんのですぐに変更しましょう。

毎月、電気会社やガス会社から「ご使用料のお知らせ」といった検針票がポストに入ってますので、それを見てどいうった契約をしてるのかなど確認しましょう。

今では 便利な比較サイト などもありますので、上手く活用して自分にあったプランの事業者をみつけましょう。

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

 今までと同じ生活なのに、数千円でも安くできるのなら安くした方が絶対お得 ですよね。

携帯・ネット代を安くする

最近では有名な格安SIMなどが出てきて、大手キャリアをやめて安い事業者に変更されてる方が結構増えてきてると思います。

これも、電気とガスのお話と少し被りますが、同じサービスで今まで通りに使えるのに安くなるなら絶対変更した方がいいですよね。

ただ、こちらもユーザーの利用頻度によって合うプランと合わないプランがありますので、通話をよくするのかそれともネットをよく使うのかな自分の使い方を分析して、事業者を選ぶようにしましょう。

通話をよく使うのに、無料通話5分の会社を契約しても、結局高くなった・・なんて本末転倒ですからね。

携帯・ネット代に関しては、内容が長くなるので別の記事にまとめましたのでこちらをご覧ください。

食費を安くする

ここの項目は、頑張れば頑張った分だけ出費を減らすことができます。

ただ、落とし穴が・・・

 無理はしない方がいいです。  なぜなら、無理して切り詰めれば切り詰めるほど、疲れてやめた後の反発がすごいです。

「いや、自分ならいける!という方」は是非切り詰めて頑張ってください。

大体、途中で疲れて面倒になり元に戻りますというかそれ以上使ってしまったりします。
これはダイエットと同じかもしれません。

では、無理なく続けるためにはどうするか。

自分の毎日の行動パターンを考えてみてください。

出勤途中にコンビニ 400円
定食屋でランチ 700円
コンビニ・外食 1000円

これだと、 1日に2,100円食費に払ってる計算 になります・・  ×30日=毎月6万円オーバーという結末に。 

これをたとえば、

  1. 朝早く起きて家で食べる
  2. お弁当を持参する
  3. 家で食べるようにする

朝が弱い方は、前日に翌朝の分を仕込んでおくと楽です。
お弁当は、 冷凍食品などをうまく活用 して時短メニューにすると疲れません。

夜は、晩酌を減らしたり自炊を頑張ってみてください。
 1日の中で1番自分に時間を使える時間帯 のはずです。
上手く時間を切り分けて、自炊タイムを作ってみてください。

休みの日にまとめて作って冷凍保存し、使うときに使う分だけ出して食べるというのも効率的でいいと思います。

自炊がどうしても苦手な方は、、
ほとんどのスーパーでは夕方8時くらいその日に賞味期限が迫った食材などにどんどん半額シールや3割引シールが貼られて行きます。

スーパーの値引き時間を狙って買いに行く。

そこで買ったものをその日の夜ごはんにしても良いですし、翌朝や傷みづらいものなら翌日の弁当に入れたりしてうまく活用しましょう。

そして、 週1くらいは好きなものを食べれる日 を作ってみてください。
※注意※昼か夜の1食だけで2~3000円くらいしておきましょう。

家で食べる 250円
お弁当 350円
家で食べる 400円

これだけでも 食費を半分以下の1000円 に抑えることができましたので、 食費を半分以下の1000円 になります!

この節約に楽しさを見いだせる方はきっと、もっと安くするための方法を自分でみつけて自炊の楽さやお金を貯める楽しさなどを感じられると思います。

ついでに、内容次第では偏ってた食生活が改善して健康になったりダイエットにもつながる可能性もありますので一石二鳥ですね。

交際費を減らす

これは、いままでお伝えしてきた中では上級者向けというか、なかなか実践するのが難しいという人が多いかもしれません。

人によっては、「飲み会に行かなきゃいいじゃん」「友達と遊ぶのなんて無駄だよ~」とバッサリ言える方もいると思います。
ですが、実際はできずに悩んでる方が多いかと思います。

  1. 行く回数を決めて頻度を減らす
  2. 付き合うべき相手かどうか考えてみる
  3. 本当に今必要なのか考えてみる

1番は定番なので、解説は不要ですよね。
問題は2番目からだと思います。

これってなかなか決断が難しいというか、勇気と覚悟がいると思います。

ですが、飲み会など交際費が多い方はここの部分をきちんと考える必要があります。

もし、 その誘いを断ることによって壊れるくらいの浅い関係性 なのでしたら、正直断って誘われなくなったとしても 痛くもなんともない と思います。

なぜなら、本当にあなたの事を思うなら、誘いを断ったくらいでは関係は壊れないはずです。

そこで壊れる関係性はだいたい、「あいつは付き合い悪いからもう飲み会誘わなくてもいいや」っていう「飲み友」くらいにしか思われてません。

何かあったときに、あなたのために何かをしてくれる人ではないはずです。
そういった人のために、 自分の大事なお金と時間を使う必要があるのでしょうか? 

人間なので、誰しもストレス発散や愚痴を言いたい時はあると思います。
ですが、そればかりにお金と時間を使っていても何も現状は変わりません。

それでしたら、飲み会に行く頻度を減らして、行くはずだった時間とお金を別の部分に使った方がよっぽど自分にプラスになると思います。

本当に今その飲み会に行くべきなのか、 誘われたら考える ようにしましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか?

今回お伝えしたものは、実践しやすいものが結構多かったかと思いますが、 最終的にはやるかやらないかは自分次第です。 

本当に今の支出を減らしたいと本気で考えてる方は、自分をきちんと見つめなおし自分と向き合うことから初めてみてください。

 




資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo!