独立洗面台つき賃貸物件を選ぶと〇〇〇〇円賃料が高い!?~お部屋探し編~

独立洗面台とは?

ゆう
ゆう
洗面台が独立していて、浴室外にあるものの事をいいます。

2LDKなどの広めのお部屋だと、洗面所があってそこに洗面台があるパターンが多いと思います。
逆に、1Rや1Kなどは「2点ユニット」といって浴槽に洗面台がくっついてるパターンが多いです。

女性の方は無いと無理っという方が結構多いのではないでしょうか。

どういった場面でつかうのか?

・朝晩の洗顔や歯磨き、手洗いなど

・化粧品やコンタクトレンズなど小物を置く

・ドライヤーやヘアアイロンなど使う

などなど、いろいろなシーンで使われます。

2点ユニットだと、歯を磨くときや顔を洗いたいときにお風呂場に行くと足が濡れてしまうため、嫌だという声をよく耳にします。

ただ、この条件を入れるだけで賃料が跳ね上がります・・・

独立洗面台がついてる物件は相場賃料が高い!?

ゆう
ゆう
便利で人気な為、条件に加えるだけで、結構値段が上がります。

駅徒歩分、築年数などの条件がほとんど同じ物件だった場合、

独立洗面台を希望条件に加えるだけで家賃は、毎月5000円〜1万円以上あがります。
(都内23区内の場合)

ゆう
ゆう
この金額を見ると結構見方が変わってきますよね。

ついつい、あれもこれもと条件を追加しちゃう方が多いですが、

条件を選択しすぎると単純にお金(家賃)が高くなるので、本当に必要かどうかというのを自分と相談しながらお部屋探しをしてみてください

まとめ

あると便利な独立洗面台ですが、値段が結構高くなるとって事実を見ると考えちゃいますよね。

なので、お金を払う価値があると思う方は選ばれた方が良いかと思いますが、

逆にそこまでの価値を感じられないという方は、独立洗面ではない2点ユニットの物件を選ぶのもありだと思います〜